簿記&弥生の掲示板(件名必須) 201391

独学者を応援します!弥生カレッジCMCの掲示板

・件名が未記入の投稿はできませんので、必ずタイトルを入力して下さい。
・メールアドレスは必須項目ではありません。
・受講生同士のやりとり歓迎します。もちろん当社スタッフも対応させて頂きます(受講生同士のやりとりで完結している場合は当社スタッフの対応がないこともあります。)
・ご質問の内容によっては、返信に時間を頂く場合がございますので ご了承ください。
・スパム防止のため、承認制にしています。ご了承ください。


有価証券について

1:京都人 :

2017/05/14 (Sun) 17:43:43

決算整理仕訳の時に
売買目的有価証券を時価評価したときの勘定科目で
「有価証券評価損益」と「有価証券運用損益」は同じですか?
全経1級の過去問だとどちらか片方しか正解になっていないのですが、もし使い分けるとすればどのように使い分ければいいのでしょうか?
※ちなみに全経1級見本問題の第3問の1で説明いただければありがたいです。
2:元受講生のたなべ :

2017/05/17 (Wed) 04:30:54

お疲れさまです。

ちよっとその問題を持っておりませんので私の知識の範囲で書きます。

有価証券評価損益とは、売買目的有価証券を時価評価した時に使用します。
有価証券評価運用損益とは、売買目的有価証券を時価評価したものと売買目的有価証券を売却したときに使うものです。

売買目的有価証券はトレーディング目的といいますが、日々売ったり買ったりを繰り返しておりますので・・・

では失礼いたします。
3:京都人 :

2017/05/18 (Thu) 17:11:47

元受講生のたなべ様
ご指導ありがとうございます。

ということは、決算整理仕訳時に時価評価した場合は有価証券評価損益でも有価証券運用損益でもどちらでも正解ということでしょうか?

ところが見本問題では、有価証券運用損益だけしか答えに載っておらず、有価証券評価損益を使った場合は誤答となるのかが知りたいのです。

ちなみに見本問題のURLは
http://www.zenkei.or.jp/download/bokikaitei/example/01_g1_syogyoboki_kaikeigaku_p1-20.pdf
の第3問の1です。

この問題で
売買目的有価証券1,227,000/有価証券評価益1,227,000
とした場合は誤答になるのでしょうか?

解答及び解説も載っているのですが、解説もいまいち理解できません。

有価証券評価損益と有価証券運用損益のどちらでも正解なのであれば納得できるのですが、使い分けないといけないのであれば何を基準に使い分けるのかがわかりません。

お手数おかけしますがよろしくお願いします。
4:元受講生のたなべ :

2017/05/19 (Fri) 09:18:54

お疲れさまです。
結論としては有価証券評価益は正解だとおもいますよ。

「この評価差額および売買目的有価証券を売却した場合の売却損益は,有価証券運用損益勘定で処理する。」と解説に書かれておりますので、私が昨日書いたように売買目的有価証券を時価評価した際の有価証券評価損益と売買目的有価証券を売却した場合の有価証券売却損益をあわせたものですね。

つまり、売買目的有価証券を時価評価した場合だけですので有価証券評価損益で大丈夫だとおもいます。
5:カツドン :

2017/05/19 (Fri) 20:47:00

元受講生のたなべ様

度々恐れ入ります。
やはりこの問題の場合は有価証券評価益でも正解になるのですね。

全経の過去問を見ると
179回、180回、181回、182回の各第5問のP/L問題の解答の注意書きには「有価証券評価益は有価証券運用益でもよい」とか「有価証券運用益は有価証券評価益でもよい。」と書いてあるのに見本問題の解答にはその注意書きがなかったのでちょっと悩んでいた次第です。

適切なご指導ありがとうございました。m(__)m
6:元受講生のたなべ :

2017/05/20 (Sat) 04:35:55

お疲れさまです。

有価証券評価益で大丈夫です。

つまり、有価証券運用損益は、有価証券評価損益と有価証券売却損益の両方に使えるということですね。
一方、有価証券評価損益には有価証券売却損益は使えないということですね。

では失礼いたします。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.